FC2ブログ

ワインセラーに戯言

ワインセラーから愛をこめて・・・。 ワイン好きが一方的にワインを推す日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワインの扉をたたく

ワインランキングがスゴいことに・・・。

参加者の中で、順位変動が

一番ジェットコースターかもwww

少し手を抜くとすぐコレです・・・。

 

応援ポチッとよろしくデス!!

にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

 

こんばんわ!

 ゴールデンウイークですね。

 私は「はじめの一歩」を

一巻から最新刊まで読み進めるという

 お金のない日本人らしい選択をしましたwww

もちろんワイングラスを片手に。

 5時間も過ぎると私がグロッキーになります(爆)

 最近ミクシイに膨大なメッセとマイミク申請を いただいてまして、

ほんとに嬉しいです。

必ず目を通して必ずお返事はしているのですが、

たまにメッセが流れちゃったり・・・

もしかしたら話が途中だったり・・・

なんか申し訳なくて凹み・・・。

今掲示板でも作ろうかなと考え中。 どうしよう・・・。

作って閑古鳥だったら なんか凹むし・・・。

そう!最近ミクシイの話題ですっごく多いのが

 

・どのワインを買っていいのかわかんない

・おいしいワインに出会ったことがない

・ワインを飲んでるけど、そもそもおいしいと思ってるのかわかんない

で、最終的に収束するのが、

・どっからとっついていいかわかんない

ん~これすっごくよくわかる。

だってほんとにどっからとっついていいかわかんないもんwww

何でかって言ったら、

 

「どっからとっついても良いから」

「どことっついていいかわかんない」

と私は思っていたときがあったです。

踏まないといけないステップや順序が存在しないですもんね。

なのに、覚えなきゃいけないとか勉強しないとなとか思うわけです。

でも本来の目的は? ワインをどうしたいのか、

人それぞれ違うと思うけど。

たぶん、ワインのうんちくをたくさん覚えて、誰かにひけらかしたい

 っていうことでは、ないと思う・・・。

それが使える場面もあるけど。

 私は、自分でおいしいの探すこと自体と、

それを飲んでおいしいと思うことと、

それを誰か一人とでも共有できれば ラッキーくらいにしか考えてないですwww

 だからワイン生産地の地図の形とか正直よくわからなぃ(爆)

その一方、ワインを楽しむためには、

ほんと最低限の知識の下支えが必要ってのは、

 絶対ある気がします。

確かにわかんないと、楽しくないというか楽しめない。

 これはどんな趣味でもそうなんだと思います。

 ワイン知識の下支えを作るために

 ワインはじめての方がとっつきやすいところや

 意識していると吸収が早いなと思うところは、

 

やっぱり

・ぶどう品種

・ヴィンテージ

・生産者

・生産地

 

をおさえとくことだと思います。

ワイン飲んで何も得ずにうまいで終わってしまうと 次につながらないですし。

 葡萄品種はわかりやすいです。まずはこれ。

絶対的に自分が好きな品種や嫌いな品種があったりします。

ということで、

 

ぜんっぜん葡萄わかんない人用。

→ ワイン用主要葡萄品種

 

これだけあると、十分な葡萄知識

十分楽しめる数の葡萄品種

 

マニアの域

もはや葡萄学博士課程レベル

 

 

 生産者。うまいなーと思った赤ワインがあったら、

次に同じ作り手の別のワイン買ってみるとか。

 シャルドネがお気に入りになってたら、買ってみる。

 

 生産地。これは、大雑把な特徴は確実にわかってきますが、

細かいとこになると結構奥深し・・・。

ボルドーとブルゴーニュとコートデュローヌとか、

 なんとなく違うなとかわかったらまた楽しみ方増えます。

 

 ヴィンテージ。これがあるから私はワインが好きです。

 なんなら世の中のありとあらゆる食べ物に

 ヴィンテージがあればいいのに・・・。

2005ヴィンテージの鈴木さんの名古屋コーチンサイコーだったみたいなwww

これ、好きだと思ってた同じ葡萄でも、 熟成するとなんか苦手ってのあったりします。

 

意外と単純に考えておりますwww

 

☆今日気になっちゃったワイン☆

カレラ・ミルズ・ピノ・ノワール 2002入ってます。

造り手はジョシュ・ジェンセン。

ロマネコンティで働き、ロマネコンティの苗木を手に入れ、

カリフォルニアでロマネコンティを目指したワイン。

ロマネコンティの地形と土壌を分析しつくし、

なんと畑の土地を人工衛星で探したという徹底ぶり・・・。

ジェンセンというワインもあって、いずれも私の好物。

この価格では手に入れるの大変だな。

 

スポンサーサイト
[ 2008/05/03 01:12 ] ワインセラーの戯言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

ワインセラーに入れて☆
また来てね♪
※IEのみ有効です
ワインブログいっぱぃ☆
私的買い物バナー庫

 

   

ワイン通販サイト、ワイナリー和泉屋は、フランスやイタリアを始め、おいしいワインを販売します

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)


ガレッジセールのカワちゃんも−10kgの減量に成功

あし@



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。